通気くん、断熱工事
a0110678_13442438.jpg

峯の家 
 屋根の断熱材工事の前に、この 通気くんを屋根タルキの間にはめ込んでいきます。

a0110678_1415451.jpg

通気くんの役目は、野地下地材(屋根下地)と屋根の断熱材の間に入れるスペーサーで、屋根の通気層を確保します。

屋根から伝わってくる熱は、この通気くんを抜けて、屋根換気口から、排熱される仕組みです。
さらに、ダンボール素材のため透湿性があるので、湿気の排出を妨げません。
リサイクル素材でエコです♪

また、外壁通気工法による、空気の道にもなります。

外壁通気工法は、躯体内の湿気、外気から侵入する熱や、万が一外部から侵入した水
(あってはなりませんが!) をすみやかに排出する役目もあります。


a0110678_16183030.jpg

外部側には透湿防水シートのタイベックシート(湿気は通すが、水は入れない)を外部全面に施工します。

タイベックシートが防水紙の役割を果たし、外部から漏水した水を防ぎ、通気層から水を排出することになります。

a0110678_15591882.jpg

通気工法による、空気の流れです。青い矢印が通気層で、オレンジ部分に「通気くん」を取り付けます。

暖かい空気は比重が軽くなって上昇し、屋根の棟換気口や、軒裏天井から排出されます。

手書きにて、きたなくてすみません・・・ δ^)汗

屋根タルキが、通常の在来工法の3~4倍の幅があるタルキを使用します。
今回この材料を採用した理由は、

強度を活かし部屋の空間を広くとること。

屋根の断熱材をこの間に一杯に詰め込むため。(断熱欠損対策)

屋根通気層が確保できる。


一般的に多くみられる、天井裏に断熱材を敷き込む工法は、梁や吊り木、天井下地材など障害物があり、断熱材に隙間が生じやすく、断熱や気密がとりにくいので、この施工方法により、「断熱+気密」の性能を高めています!

天井裏の断熱材をきちんと施工しないと欠損だらけに・・・↓

a0110678_18323293.jpg

このように置いてあるだけの断熱材では性能が著しく劣ります。快適とはほど遠い・・・


つまり、夏時の熱気を室内に入れない(抑える) ・ 冬時の室内の暖かい空気を逃がさない工夫をし、
「冷暖房の負荷を抑える」=環境負荷が小さくランニングコストも削減できる。
(省エネ効果)

たとえローコスト住宅の場合でも、隠れてしまう部分ですが、断熱や気密など、
住まい環境(快適性)に関わりますので、しっかりこだわり施工いたします!!

a0110678_181943100.jpg

Top▲ | by Ordermade-house | 2009-07-06 18:46 | 健康素材 | Comments(2)
Commented at 2009-07-10 02:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Ordermade-house at 2009-07-10 09:46
I feel fine, thank you.

[Powder Room]:lock the door
security + relax you.
Don't worry!!  ^з^) ♪
<< これは危険!! | ページトップ | 自然塗料 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin